日々の思いの徒然なるまま

2017年08月09日

長崎市への原子爆弾投下

長崎市への原子爆弾投下(ながさきしへのげんしばくだんとうか)では、

第二次世界大戦末期の1945年昭和20年)8月9日午前11時02分に、

アメリカ軍が日本の長崎市に対して投下した、人類史上実戦で使用された最後の核兵器である。

ファットマンの投下より、当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が死亡し、

建物は約36%が全焼または全半壊した




原爆は浦上地区の酸素魚雷の工場の直上で爆発し、付近一帯を壊滅させた。
爆心地である浦上地区は長崎市中心部から3kmと離れていること、
金比羅山など多くの山による遮蔽があり、遮蔽の利かなかった湾岸地域を
除いて被害は軽微であり、広島市の場合と異なり県や市の行政機能は全滅を免れている
浦上地区の被爆の惨状は広島市と同じく悲惨な物であった。原爆は浦上地区の酸素魚雷の
工場の直上で爆発し、付近一帯を壊滅させた。爆心地である浦上地区は長崎市中心部から
3kmと離れていること、金比羅山など多くの山による遮蔽があり、遮蔽の利かなかった
湾岸地域を除いて被害は軽微であり、広島市の場合と異なり県や市の行政機能は全滅を免れている

出典 wikipedia
posted by つれずれなるままに at 21:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする